使えるクレジットカード

MENU
クレジットカードを便利に使うために、色々なカードの特徴と人気ランキングを紹介します。

三井住友VISAカード
安全なセキュリティと保証が人気。最短3営業日で発行が可能。

リクルートカード
リクルートグループで使えるポイントが高還元率で貯まる。

JACCS レックスカード
最高水準のポイント還元率。カカクコムグループでの利用特典。

クレジットカードはとっても便利!(利用者の声)

使えるカード.com

クレジットカードってとっても便利ですよね。クレジットカードを使い始めて5年ほど経ちましたが、今となっては手放せない存在です。

 

現金を持ち歩く必要が無かったり、使ったら使った分だけポイントが貯まったりとメリットは沢山ありますが、個人的にはネットショッピングの支払いに使えるのが一番のメリットであると思います。

 

クレジットカードを持つ以前は銀行振り込みや代金引換といった支払い手段しかなくて不便でしたが、カード払いが出来る様になって、毎月の公共料金なども支払いがとても快適になりました。

 

大変便利なクレジットカード、これからもお世話になると思います。

 

買い物はカードに限ります!

20代後半の会社員女性です。わたしはスーパー・携帯電話料金・そのほか外食時なども支払いにはクレジットカードを積極的に使っています。

 

使用しているのは楽天カードなのですが、日々のちょっとした買い物でもポイントはどんどんたまるのでネットショッピングではかなりお得に購入できています。月平均2~3万円程度しか利用しませんが、ポイントで日用品を買ったりして節約につながっています。

 

なんとなくカード払いを謙遜している方もいるかもしれませんが、管理できれば怖くないのでぜひカード払いでお得生活を送ってください。

 

インターネット通販でのカード使用

田舎住まいなので、インターネット通販をよく利用します。代引きでのお金のやり取りが面倒で仕方が無かったんですが、クレジットカードを作ってからとってもになりました。

 

玄関先で荷物を受け取るだけでいいのは助かりますよね。

 

ただ、通販サイトにカード番号を登録するのはリスクもありそうです。もし情報が洩れたら…と考えると恐ろしい…。万が一に備え、怪しげなサイトは避けて、信用できるサイトのみに絞って使用したいと思います。

 

上手く使えばこれほど便利なものは無いですからね!


クレジットカードの特徴

国際ブランド

クレジットカードには世界で使用することができる国際ブランドが5つあります。
超有名なVISA、MasterCard、JCBの3大ブランドの他に、AmerianExpress、Diners Clubです。

 

3大ブランドのうち日本のブランドはJCBだけであり、また、AmerianExpressとDiners Clubは、どちらかというと富裕層向けのブランドとなっています。

 

これらの国際ブランドは、その特徴の大きな違いから「決済カード」と「T&Eカード」に分けることができます。

 

決済カード

その名のとおり、決済の利便性に重点を置いたシンプルな機能で、VISAやMasterCardがこれに当たります。

 

この2つのブランドはクレジットカードの発行自体は行っておらず、カードを発行する様々なブランドなどと提携することにより決済サービスを全世界で提供しています。

 

T&Eカード

T&E、つまり、トラベル&エンターテイメントカードは、クレジットカード利用によって受けることのできる、旅行や娯楽に関わる様々なサービスに重点が置かれたカードとなっています。

 

日本のJCBのほか、AmerianExpressやDiners Clubがこれに当たり、決済サービスの提供とクレジットカード発行の両方を行っています。

 

国内ブランド

主な国内ブランドとしては、三井住友、三菱UFJニコス・DC、セゾン・UC、イオン、ライフ、ジャックスなどがあります。

 

国内ブランドは海外での利用ができないほか、国内においても加盟店が限られるため、ほとんどのクレジットカードは国際ブランドと提携し、国内のあらゆるショップや海外でも利用できるようになっています。

 

更新履歴